プラセンタ特集

.プラセンタ注射ってなに?

健康や美容に良いと評判になっているプラセンタは、医療機関ではプラセンタ注射などで使用されています。
プラセンタ注射とは、直接身体の中へとプラセンタを注入するため、化粧品やサプリメントと比べるて即効性があると言われます。

 

しかし、プラセンタ注射を一度しても、その効果はずっと持続するわけではありません。
プラセンタの効果をそのまま実感するためには、週に一回は注射しなければいけません。
欠かすことなくプラセンタ注射をし続けると、細胞そのものの活性化が期待できますから、注射一回で感じられる効果も長く続くようになります。

 

プラセンタ注射については、更年期障害や乳汁分泌不全また肝機能障害というような病気の治療の為であれば保険が効きます。
ところが、シミやそばかすを消すためだとかアンチエイジングといった美容効果を期待するための注射なら保険は適用されません。

 

プラセンタ注射が保険適用外となった場合には、全て自己負担となって、それぞれの病院によって費用には違いがあります。
この場合のプラセンタ注射の料金は、2000円ぐらいが標準になるでしょう。
その他にも、腰痛や肩こりといった痛みの処置のためにプラセンタ注射を用いるケースも医療行為であるとは認められないとされ、保険が効かなくなっています。

 

プラセンタ注射が治療行為として保険が適用されるケースは、2種類ありますが、更年期障害や乳汁不全に関してはメルスモン、肝機能障害に関してはラエンネックが使用されます。
プラセンタ注射といえば、腕やお尻などへの皮下注射や筋肉注射を思い浮かべるかもしれませんが、点滴を利用することもあります。
また、腰痛や肩こりの場合には直接ツボに打つ方法で行われます。
どの方法で行うとしても、主治医とよく相談をしながらプラセンタ注射を受けることが大事です。